#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Book

糖質制限(炭水化物抜き)ダイエットを始めた

投稿日:2014/01/07 更新日:

友人が夕飯の炭水化物を抜いただけで、半年で10kg痩せたとのこと。
特に運動はしていないらしいが、腹とかもちゃんと締まってた。

また、同時期に以下のエントリを見た。

30歳過ぎて体重が増え出して止まらない男性諸君。原因がわかりましたよ。

それで、糖質制限について興味がわいてきて、以下の本を読んだ。

いやーおもしろい本だった。
序盤で、著者が糖質制限ダイエットで痩せて
どれだけ健康になったかということが書かれている。

また、著者の夏井氏は医師であり、科学的に
糖質制限が理にかなっていることを力説している。

炭水化物抜いたら栄養的にやばいんじゃないの?
といった、まず思い浮かぶであろう疑問にもきちんと答えている。
ちなみにこの本によると、全く問題はない。

世間一般の常識から考えるとこの本は相当偏っているが、
本はこのくらい偏ってたほうが面白い。

というわけで、まずは夕飯は一切炭水化物を採らないことにした。
それ以外は制限なし。

もともと、僕は砂糖入りの飲料は一切飲まない。
基本は水。コーヒーはブラックのみ。あとはお茶。

間食もしない。
お菓子を最後に自分で買ったことなんて覚えてない。

砂糖が良くないというのはずっと以前から感じていて、
自然とそうしてきた。
そういうこともあって、糖質制限とは相性が良い生活をしてきたと思う。

また、標準体型よりはやや痩せ型である。
人からはダイエットなんて必要ないと言われるレベルではある。

ただ、僕は単に痩せたいだけではなくて、
太りにくい体であるとか、もっと健康になりたいと常々思っている。

炭水化物を抜くことが体に良いのであれば、
無理なく続けられると確信している。

というわけで2014年は糖質制限の年にすることにした。

====

ちなみに、糖質制限とは関係ないけど、添加物については以下の本が面白い。

ad

ad

-Book

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『クリムゾンの迷宮』貴志祐介

Kindle のセールで買った『クリムゾンの迷宮』が非常に面白かったです。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) posted with カエレバ 貴志 祐介 角川書店(角川グループパブリッシング) …

『社会人大学人見知り学部 卒業見込』若林正恭(オードリー)

オードリー若林の著書。 めちゃくちゃ面白くて一気に読んだ。 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス) posted with カエレバ 若林正恭 メディアファクトリー 2013-05 …

『十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA』貴志祐介

『十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA』読了。 久しぶりの貴志祐介作品。 十三番目の人格 ISOLA (角川ホラー文庫) posted with カエレバ 貴志 祐介 KADOKAWA / 角川書店 …

まだドラマ化されていない半沢直樹の原作がとてつもなくおもしろい!

TBSのドラマ「半沢直樹」はとてもおもしろかった。 ドラマを観たのは数年ぶりな気がする。 あまりにも良かったので、最終回を見終わった後、Kindleで原作3部作を購入した。

お酒を本当に好きになるためには衝撃の出会いが必要

僕はウイスキーが大好きだ。 特に、アイラ・モルトと呼ばれる非常に個性的なスコッチ・ウイスキーが好きだ。 これは、アイラ・モルトの代表的な存在である、 ボウモアに衝撃を受けたのがきっかけである。 ボウモ …