#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Book ウイスキー

お酒を本当に好きになるためには衝撃の出会いが必要

投稿日:2013/12/08 更新日:

僕はウイスキーが大好きだ。
特に、アイラ・モルトと呼ばれる非常に個性的なスコッチ・ウイスキーが好きだ。

これは、アイラ・モルトの代表的な存在である、
ボウモアに衝撃を受けたのがきっかけである。

何が衝撃だったかというと、スモーキーさだ。
ボウモアは後味に非常にスモーキーさが残る。
そんなお酒はそれまで飲んだことがなかった。

ボウモアに夢中になって、いろんな飲み方を試した。
ストレート、トワイスアップ、ロック、ソーダ割り。
うん。どれも美味しい。それぞれに良さがある。

その日から僕は完全にウイスキーの虜になった。

今までも、いろんなお酒を好きになったことはあった。

一番最初に好きになったのは日本酒だった。
飲みやすい。美味しい。
基本的に、割ったりしないので気軽に飲める。
冷やだったり、熱燗だったり、温度を季節や気分に合わせれば良い。

次は赤ワインにどっぷりはまった。
僕は健康にもそこそこ気をつかうので、
赤ワインの持つ健康的なイメージから入り、とても美味しいので好きになった。
ただ、ワインは僕には難しすぎた。銘柄が覚えられない。

日本酒、赤ワイン。
どちらも今でも好きだけど、ウイスキーに出会ってからは飲む機会はめっきり減った。
ウイスキーとの大きな違いは、やはり衝撃の出会いではないだろうか。

美味しい日本酒を飲んだことはもちろんある。
感動した。けどそれ以上はなかった。
ワインも同じだ。

でもウイスキーだけは何かが違った。
ボウモアを飲んだとき、これだ!と思った。
そんなお酒は今まで出会ったことがなかった。
ウイスキーとは一生の付き合いになると確信した。

ウイスキーの歴史や、作り方についても学んだ。

「ウイスキーは日本の酒である」はサントリーのチーフブレンダーである輿水氏の著書である。

チーフブレンダーとは、簡単に言うと”ウイスキーの味”を決定する人である。
ウイスキーについて、全然知らない頃は、なんとなく日本のウイスキーは邪道な感じがしてた。
ウイスキーは完全に洋酒だと思ってたからだ。

しかし、この本を読んで考えが完全に変わった。
ジャパニーズ・ウイスキーは5大ウイスキーのひとつに間違いない。
輿水氏は「NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演しており、DVDも観た。

ウイスキーの味に魅了され、ウイスキーについてもっと知りたくなる。
ウイスキーに詳しくなると、さらにウイスキーが好きになる。
完全にこの循環にはまってしまった。

ウイスキーの銘柄にある程度詳しくなると、
居酒屋、バーに行くのがとても楽しくなる。
お、このお店はアードベッグ置いてるのか、といった具合に。

ウイスキーに興味がある人は、スコッチから始めるのがおすすめ。
特に、アイラ・モルトが美味しいと感じたらウイスキーにはまること間違いなし。
ちょっと苦手だな、と感じたらバランタインあたりをどうぞ。

以上、バランタインブルー12年を飲みながら書いたエントリでした。

ad

ad

-Book, ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』村上春樹

ウイスキーにはまっている。 僕の大好きなアイラ・モルトをテーマにしたこの本を知って、即購入。 もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫) posted with カエレバ 村上 春樹 新潮 …

シングルモルト余市を初めて飲んだ感想

ニッカウヰスキーのシングルモルト余市を初めて飲んだ。 旨い!! ニッカ シングルモルト 余市 500ML 1本 posted with カエレバ アサヒビール株式会社

ドン・キホーテでボウモア、ラフロイグが安かったので買った

ドン・キホーテはあらゆるものが安いが、お酒についても例外ではない。

お酒好きな人へのクリスマスプレゼント(ウイスキー編)

クリスマスプレゼントは何をあげたらいいか悩ましい。 しかし、お酒好きな人なら鉄板とも言えるものがある。 それは、ちょっとだけいいお酒。 あまりに高すぎるお酒はなかなか飲めないが、ちょっといいくらいだと …

ボウモア12年

最近はウイスキーにはまっている。 普段は角瓶を買ってきてハイボールにして飲んでいるが、 今日はちょっぴり奮発してボウモア12年を購入。 ボウモア12年 40° 700ml posted with カエ …