#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

バランタインブルー12年を初めて飲んだ

投稿日:2013/12/06 更新日:

バランタインブルー12年が近所のスーパーで1,780円だったので買ってみた。
自分にとって最高のコスパを誇るウイスキーとなった。

バランタインは、安い順に
ファイネスト、12年、17年、21年、30年とある。

居酒屋に置いてあるバランタインはファイネストだと思って間違いない。

バランタインで、17年は「ザ・スコッチ」とも呼ばれるくらいの王道のスコッチである。

さて、今回はそのバランタインの12年である。
箱に入っており、なかなかの高級感がある。

まずはストレート。
香りがとても良い。
これがバニラ香か。

ストレートでも飲みやすい。
ウイスキーと同量の天然水を加水してみる。(トワイスアップ)
バニラの香りがさらに広がって、まろやかになり、
さらに飲みやすくなる。

アイラの個性的なシングルモルトが大好きな僕だが、
こういう飲みやすいウイスキーもたまには良い。

これが1,780円はお買い得すぎた。

ちなみに、新しいウイスキーを飲むときは
香りや味をよく感じ取ったあと、
本でどのような表現をするか確認している。

ウイスキーは本当に大好きなので、ただ美味しいと思うだけではなく、
それをどう表現するか知りたいからだ。

以下の本は非常にオススメ。

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルモルト余市を初めて飲んだ感想

ニッカウヰスキーのシングルモルト余市を初めて飲んだ。 旨い!! ニッカ シングルモルト 余市 500ML 1本 posted with カエレバ アサヒビール株式会社

ドン・キホーテでボウモア、ラフロイグが安かったので買った

ドン・キホーテはあらゆるものが安いが、お酒についても例外ではない。

ラフロイグの種類

シングルモルト・スコッチ・ウイスキーの代表格である、ラフロイグ。 ラフロイグとは、ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。 現在入手可能なラフロイグをまとめる。

ウイスキーの良いところを挙げてみる

ウイスキーにとてもはまっている。 なぜこんなにウイスキーが好きなのか。 ウイスキーの良いところを挙げてみる。 (随時追加予定) 糖質がほぼゼロ 蒸留酒なので糖質はほぼゼロ。 ビールや日本酒といった糖質 …

マッサン効果でウイスキー本がだいぶ増えた

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が絶好調だ。 マッサンのおかげでだいぶウイスキー人気が高まっている。