#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Windows コマンドプロンプト

バッチファイルを書きたくなるサイト

投稿日:2013/05/10 更新日:

Window のバッチファイル(.bat)を書けるようになると
日々の作業がぐっと楽になります。

Windows は CUI が非常に貧弱です。
Linux に触れるまでは気づきませんでしたが。
というか、Windows だけ使ってて積極的に
コマンドプロンプトを使う人は少ないように思います。

コマンドプロンプトで使えるコマンドをファイルにしたものがバッチファイルです。
一般的なプログラミング言語に比べるとできることは少ないです。
そしてなかなか癖があります。

そのバッチを書くために、ちょっとずつ調べることはありますが、
体系的に学んだことはありませんでした。
あまりそういうサイトがなかったことも要因のひとつとしてあると思います。

ついに今まで見たなかで一番綺麗にまとめられてるサイトを見つけました。

開発に役立つ,BATファイルの書き方・パターン集 (コマンドプロンプトの定石を体系的に学び,バッチ中級者になろう) – 主に言語とシステム開発に関して

長いですが、最初から最後まで一気に読んでしまいました。

印象に残ってるのは以下です。

良いBATをコーディングするためには,WSHの知識も必要なのだ。

無理にバッチでやる必要はない、ということですね。
mshta についても知らなかったので、非常に参考になりました。

コマンドプロンプトについて、
以下はものすごく良書で、オススメです。

ad

ad

-Windows, コマンドプロンプト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Emacs との出会い、そして現在

もうかれこれ5年ほど Emacs を使っている。

起動時の Windows の更新に失敗する場合の対策

Windows7 Professional 64bit の話。 シャットダウンボタンの横に、更新があることを示すロゴがある場合、 終了時と再起動時に更新プログラムのインストールを行う。

MacのiTunesを起動後、WindowsのiTunesを起動すると必ず出るダイアログ

iTunesのライブラリをMacとWindowsで共有してみた

最近 MacBook Air を購入したので、そちらに iTunes のライブラリを移行した。 でも Windows 機がメインなので、どっちからも iTunes 使いたい。 そこで、NAS的な使い方 …

Windows 7 Professional から Windows 10 Pro へアップグレード完了

Windows 7 Professional から Windows 10 Pro にアップグレードした。 特に互換性の問題はなく、非常に快適だ。

DayOneのWindowsクライアントが欲しい

DayOneというアプリがある。 Day One (日誌 / 日記)カテゴリ: ライフスタイル現在の価格: ¥500