#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

ラフロイグの種類

投稿日:

シングルモルト・スコッチ・ウイスキーの代表格である、ラフロイグ。
ラフロイグとは、ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。
現在入手可能なラフロイグをまとめる。

ラフロイグ 10年

最もベーシックな一本。スーパーなどで店頭に置いてあるのはこれと思って間違いない。

ラフロイグ クォーターカスク

「クオーター・カスク」とは通常の1/4の大きさの樽という意味。
小さいサイズの樽を用いることで、樽とウイスキーの接触面積が増え、熟成がより早く進むのである。
通常は43度だが、これは48度。

ラフロイグ 18年

48度。

ラフロイグ 30年

48度。
Amazon で ¥106,219 というお値段。一度は飲んでみたい。

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バランタインブルー12年の旨さを再認識

僕はシングルモルトが大好きである。 でもたまにはブレンデッドも飲む。 居酒屋によくあるバランタインのファイネストは好きじゃない。 しかし、バランタインブルー12年は最高。 バランタインブルー12年を初 …

ドン・キホーテでボウモア、ラフロイグが安かったので買った

ドン・キホーテはあらゆるものが安いが、お酒についても例外ではない。

お酒を本当に好きになるためには衝撃の出会いが必要

僕はウイスキーが大好きだ。 特に、アイラ・モルトと呼ばれる非常に個性的なスコッチ・ウイスキーが好きだ。 これは、アイラ・モルトの代表的な存在である、 ボウモアに衝撃を受けたのがきっかけである。 ボウモ …

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年を飲んだ

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年 を お店で見かけたので買って飲んでみた。 通常のバランタイン12年とはまったく違う、個性的な味わいだった。

バランタインブルー12年を初めて飲んだ

バランタインブルー12年が近所のスーパーで1,780円だったので買ってみた。 自分にとって最高のコスパを誇るウイスキーとなった。

#CitrrasLab は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。