#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

ラフロイグの種類

投稿日:

シングルモルト・スコッチ・ウイスキーの代表格である、ラフロイグ。
ラフロイグとは、ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。
現在入手可能なラフロイグをまとめる。

ラフロイグ 10年

最もベーシックな一本。スーパーなどで店頭に置いてあるのはこれと思って間違いない。

ラフロイグ クォーターカスク

「クオーター・カスク」とは通常の1/4の大きさの樽という意味。
小さいサイズの樽を用いることで、樽とウイスキーの接触面積が増え、熟成がより早く進むのである。
通常は43度だが、これは48度。

ラフロイグ 18年

48度。

ラフロイグ 30年

48度。
Amazon で ¥106,219 というお値段。一度は飲んでみたい。

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボウモア12年

最近はウイスキーにはまっている。 普段は角瓶を買ってきてハイボールにして飲んでいるが、 今日はちょっぴり奮発してボウモア12年を購入。 ボウモア12年 40° 700ml posted with カエ …

マッサン効果でウイスキー本がだいぶ増えた

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が絶好調だ。 マッサンのおかげでだいぶウイスキー人気が高まっている。

バランタインブルー12年を初めて飲んだ

バランタインブルー12年が近所のスーパーで1,780円だったので買ってみた。 自分にとって最高のコスパを誇るウイスキーとなった。

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年を飲んだ

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年 を お店で見かけたので買って飲んでみた。 通常のバランタイン12年とはまったく違う、個性的な味わいだった。

ドン・キホーテでボウモア、ラフロイグが安かったので買った

ドン・キホーテはあらゆるものが安いが、お酒についても例外ではない。