#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Tips Windows10

BIOS設定画面に入れないときの原因と対処法

投稿日:

Windows10をクリーンインストールしようと思い、インストール用のUSBメモリを作成し、
USBポートに挿して再起動。
起動時のBIOS画面でDeleteやF12を連打するも、何回やってもBIOSやブートオプション画面に入れない。

使用しているマザーボードは5年ほど前に購入したGIGABYTEのもの。

http://archive.cfd.co.jp/gigabyte/motherboard/ga-ma785gpmt-ud2h.html

USBキーボードを使っているのがダメなのか?とも思ったが以前は確かに入れたはずだ。
一応調べてみると、いまどきUSBキーボードで入れないBIOSなんてほぼないっぽい。
でもPS/2ポートはあるのでちょっと試してみたい気もする…が、以前同じキーボードで入れたしなぁ。
(ちなみにRealforce)
Windows10にアップグレードしてから入れなくなった…?
いや、OSがBIOSに影響するなんて、そんなことはあり得るのか…?
そう思いつつも、関連するキーワードで検索する。

すると、Windows10の高速スタートアップ機能(デフォルト有効)が邪魔をしている可能性があるとのこと。
この機能は、ざっくり言うと起動時に時間のかかるプロセスをすっ飛ばして起動の高速化を図る。

http://www.ligamap.com/w10fastboot/

どうやら、この機能が有効だとBIOS設定画面に入れる時間があまりにも短い(か、まったくない)ので、
BIOS設定画面に入れないのだという。

試しにこの機能を無効にしてみたが、それでもダメ。

途方にくれてしまった。

最後に、すべてのUSBポートを試してみようと思いたった。一応、前面と後ろの一部のポートはすでに試してあるが。

いくつか試していると、入れるポートがあった!
ポートだったのか…と思ったが、入れないときもある。

結局原因は、他のUSBデバイスだった。

ぼくは赤外線リモコンをパソコンで使っている。これはキーボード入力と、マウス操作ができる。
つまり内部的にはキーボードとマウスとして認識されている。

これを接続しているときにはBIOS設定画面に入れなかった。
たぶんこのリモコンが優先されていた、のではないかと思う。

結論として、BIOS設定画面に入るときは余計なUSBデバイスは外しておいたほうが無難。
これでだいぶ時間を使ってしまった…。

ad

ad

-Tips, Windows10

執筆者:


  1. 華寿爺 より:

    68歳の自作ユーザーです。ワイヤレスマウスを使用していたためにBIOS設定できずにいました。こちらの記事のお陰ですっきりと解決いたしました。ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows10で無変換キーにWindowsキーを割り当てる方法

タイトルはWindows10としたが、Windows7でも確認済み。8でもいけると思う。

no image

iTunes 12 でカラムブラウザの高さが調整できなくて困った話

iTunes12 on Windows10 で、カラムブラウザがいつからか3行しか表示されなくなってすごく困っていた。普通、境界にカーソルを置くと、カーソルが変わって調整できるのだが、カーソルが変わら …

no image

iPhone の動画を Windows10 に取り込む時に「デバイスに到達出来ません」というエラーが発生

環境: ・iOS 12.1.2 ・Windows 10 Pro 1803 iPhone の動画を Windows10 に取り込む時に「デバイスに到達出来ません」というエラーが発生してインポートできず、 …

SSIDのAとGの違い(バッファローのWi-Fiルータ(無線LANルータ))

Buffalo(バッファロー)のWi-Fiルータ(無線LANルータ)についてメモ。

no image

タスクトレイの言語切り替えをキーボードショートカットでやる方法

ぼくは Windows10 を英語で使っているが、当然日本語を入力したりもする。 その場合にちょっと困るのが、デフォルトが英語キーボードになってしまうのだ。 最初にタスクトレイの ENG アイコンを押 …