#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Windows7

ブルースクリーンが発生したときに便利なツール BlueScreenView

投稿日:

ファイルサーバとして利用している Windows7 マシンで
ブルースクリーンが頻発するようになった。

BlueScreenView というツールが非常に便利だったのでメモ。

ファイルサーバだけあってモニタを繋いでいないのでブルースクリーンが見れない。
なぜブルースクリーンが発生したかわかるのか、というと
リモートデスクトップでアクセスすると深刻なエラーから復帰した的なダイアログが出るから。

いつもだったらブルースクリーンの文言でググるわけだが、
今回はそれができない。
どうするか。

どうやらブルースクリーンが発生するとdmpファイルが生成されるらしい。
dmpファイルを解析するツールはないかと思い調べる。

すると BlueScreenView という、非常に便利なツールを発見。

Blue screen of death (STOP error) information in dump files.

特にdmpファイルを指定して食わせてやるということもなく、ただ起動するだけ。
一度もブルースクリーンが発生していないマシンでは何も表示されない。
該当のマシンだと表示された。

どうやら同じ時刻に発生しているらしい。なんかヒントになりそう。

BlueScreenView_Dump

ブルースクリーンの原因となったドライバがわかる。ataport.SYS と ntoskrnl.exe か。

BlueScreenView_Driver

とりあえず「ataport.sys ブルースクリーン」でググる。

すると、SSD 絡みの情報が。

待てよ、以前 SSD が原因でブルースクリーンになったことがあったな…。

CrucialのSSDがブルースクリーンの原因だった

そうだ…!このマシンも同じ Crucial の SSD 使っている…!

ファームウェアを確認する。0309。

うーん、確かに古いファームウェアではあるが、
このバージョンでは問題は修正されているはず。

まぁとりあえずあやしいことには変わりないので、
ファームウェアをアップデートして様子を見ることにする。

今までずっと順調だったマシンがブルースクリーンになると焦る。
今回はブルースクリーン解析ツールを発見したのでとてもためになった。

ad

ad

-Windows7

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネットワークドライブでThumbs.dbを生成させない方法

Windowsで画像や動画があるフォルダを開くとThumbs.dbが生成される。 これは縮小表示のための画像をキャッシュしておき、次回から表示を高速化させるためのものだ。 しかし、ぼくはエクスプローラ …

no image

「このフォルダーを変更するには管理者のアクセス許可を提供する必要があります」

あるフォルダを削除しようとすると、 「このフォルダーを変更するには管理者のアクセス許可を提供する必要があります」 というアラートが出ることがたまにあるので、その対応。

no image

Windows で iPhone のバックアップ先フォルダ

よく忘れるのでメモ。 Windows7 で iTunes から iPhone をバックアップしたときのフォルダは以下。 %APPDATA%\Apple Computer\MobileSync\Back …

Chromeでページ応答なしが頻発する

最近、Google Chrome でタブを複数開いていると ページ応答なしが頻発するようになった。 2014/12/13現在、最新バージョン 39.0.2171.95 m いろいろ調べたが、決定的な解 …