#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年を飲んだ

投稿日:

BallantinesBlendedMaltScotchWhisky12

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年 を
お店で見かけたので買って飲んでみた。
通常のバランタイン12年とはまったく違う、個性的な味わいだった。

ぼくは通常のバランタイン12年が、
味と価格のバランスが最高のウイスキーだと思ってる。
安いところでは2,000円程度で購入できる。

もちろん、それより高いウイスキーではもっと美味いウイスキーもあるが、
あくまでもコストパフォーマンスの話である。

そんなバランタイン12年好きのぼくがお店で
バランタイン12年の別バージョンを見つけた。

お店に提示されてある商品名には、
「バランタイン ピュアモルト 12年」とある。

ん?と思った。

完全にバランタインはブレンデッドだと思い込んでいたので驚いた。
なるほど、バランタインに使われているモルトウイスキーのみを使った、
ピュアモルトか。(正確に言うとヴァッテッドモルト)

これはおもしろい、と思い購入。
通常のバランタイン12年の倍近く(約4,000円)したので少し躊躇した。

さっそく、部屋で開封。

ラベルには、
バランタイン ブレンデッドモルト 12年
(BLENDED MALT SCOTCH WHISKY AGED 12 YEARS)
とある。

これまたややこしい。
ブレンデッドモルトなんて言い方もあるのだろうか。
少なくとも日本では使われていない気がする。

また、通常のバランタイン12年はファイネストと同じ平たいボトルだが、
こちらは17年などと同じ、丸みを帯びたボトル。

まずはストレートで飲む。
おぉ、通常のバランタイン12年とは全然違う。
通常のバランタイン12年がまろやかでかなり飲みやすいのに対して、
ピュアモルトのほうはかなり尖った、個性的な味。

トワイスアップにする。
モルトの香りが引き立っていい感じ。
やはりストレートよりもこっちのほうが好き。

ピュアモルトのほうはとても面白いが、
普段飲みはやっぱり通常のほうかなぁ。
通常のほうはいろんな人に勧めてたけど、
ピュアモルトはあまり万人には勧められない感じ。

参考:バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト)12年 : RERAのウイスキーブログ

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マッサン効果でウイスキー本がだいぶ増えた

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が絶好調だ。 マッサンのおかげでだいぶウイスキー人気が高まっている。

ウイスキーに詳しくなりたい人におすすめの本

ウイスキーは飲むのはもちろんのこと、調べるのも好きだ。 銘柄を覚え、それらがどうやって造られるのか知ることでより好きになる。 自分はまだまだウイスキー歴が浅く、詳しいとは言えないが、 参考になった本を …

ラフロイグの種類

シングルモルト・スコッチ・ウイスキーの代表格である、ラフロイグ。 ラフロイグとは、ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。 現在入手可能なラフロイグをまとめる。

期間限定の竹鶴ハイボールが美味すぎる!

久々にお酒で衝撃を受けた… 期間限定の竹鶴ハイボールが最高に美味い!

お酒好きな人へのクリスマスプレゼント(ウイスキー編)

クリスマスプレゼントは何をあげたらいいか悩ましい。 しかし、お酒好きな人なら鉄板とも言えるものがある。 それは、ちょっとだけいいお酒。 あまりに高すぎるお酒はなかなか飲めないが、ちょっといいくらいだと …

#CitrrasLab は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。