#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

マッサン効果でウイスキー本がだいぶ増えた

投稿日:

NHKの連続テレビ小説「マッサン」が絶好調だ。
マッサンのおかげでだいぶウイスキー人気が高まっている。

ぼくは2年ほど前にウイスキーにはまり、それ以来ずっとウイスキーが好きだ。
ただお店や家で飲むだけでなく、銘柄や製造法の知識もつけ、
ウイスキーが趣味と人に言っても恥ずかしくないくらいにはなった。

まだ2年弱ほどしかウイスキー歴は無いが、
それでもウイスキーを取り巻く環境は劇的に変わったと感じる。

個人的に一番わかりやすい変化が、ウイスキー関連書籍がとても増えた。

ぼくは何かにはまると、まず本で勉強したくなる。
ウイスキーにはまりたての頃、ウイスキーについて知りたくて Amazon でよく検索してた。

当時はウイスキー関連の本は決して多くなく、また新しい本が全然なかった。
特に、Kindle に関してはほとんどなかった。
Kindle本の選択肢がなかったため、とりあえず以下を買ったのを覚えている。

結果としてはとても良い本で、ウイスキーがさらに好きになったし、
サントリーの元チーフブレンダーである輿水精一氏のファンにもなった。
NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に出ていたと知って、DVDを探しまわったくらいだ。

Kindleストアでウイスキーで検索すると、こんなにヒットする。

Amazon_Whisky

2014年後半に出版された本がとても多い。
ちなみにマッサンは2014年9月29日から放送開始である。

マッサンを観ていると、竹鶴政孝についてもっと知りたくなる。
マッサンは実話を基にしてはいるが、すべて実話というわけではない。

竹鶴政孝の自伝として、高評価なのが「ウイスキーと私」だ。

そして、第三者から見た伝記。

これらはいずれも高評価なので、近いうちに読もうと思ってる。

最後に。

マッサンを観てウイスキーに興味を持った方には、
竹鶴はもちろんだが、ぜひバランタイン12年を飲んで欲しい。
ぼくが最高のコストパフォーマンスを誇ると思っているスコッチだ。
値段もべらぼうに高いわけではないので、晩酌にぜひ。

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バランタインブルー12年の旨さを再認識

僕はシングルモルトが大好きである。 でもたまにはブレンデッドも飲む。 居酒屋によくあるバランタインのファイネストは好きじゃない。 しかし、バランタインブルー12年は最高。 バランタインブルー12年を初 …

ウイスキーに詳しくなりたい人におすすめの本

ウイスキーは飲むのはもちろんのこと、調べるのも好きだ。 銘柄を覚え、それらがどうやって造られるのか知ることでより好きになる。 自分はまだまだウイスキー歴が浅く、詳しいとは言えないが、 参考になった本を …

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』村上春樹

ウイスキーにはまっている。 僕の大好きなアイラ・モルトをテーマにしたこの本を知って、即購入。 もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫) posted with カエレバ 村上 春樹 新潮 …

ラフロイグの種類

シングルモルト・スコッチ・ウイスキーの代表格である、ラフロイグ。 ラフロイグとは、ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」を意味する。 現在入手可能なラフロイグをまとめる。

ドン・キホーテでボウモア、ラフロイグが安かったので買った

ドン・キホーテはあらゆるものが安いが、お酒についても例外ではない。