#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

ウイスキー

期間限定の竹鶴ハイボールが美味すぎる!

投稿日:

久々にお酒で衝撃を受けた…
期間限定の竹鶴ハイボールが最高に美味い!

竹鶴ハイボール

今まで、缶でお酒を飲む場合は角ハイボールだった。
というのも、僕が飲むお酒はほとんどの場合ウイスキーなので、
缶の場合はあまり選択肢はないからだ。

缶で飲めるウイスキーといえば、ハイボールで、
角ハイボールかトリスハイボールしかない。
他にも存在はするのかもしれないが、店頭で見かけたことはない。

角かトリスか、と言われれば迷わず角だ。
トリスは自分から好んで飲むことはまずない。
居酒屋でも、ハイボールがトリスだとがっくりくる。

※あくまでも個人的な意見です。

そういったわけで、今までは角ハイボールを飲んでいた。

だが、コンビニで期間限定の竹鶴ハイボールを見かけて買ってみた。

現在、NHKの連続テレビ小説でニッカウヰスキーの創業者である、
竹鶴政孝をモデルとした「マッサン」をやっているので、
期間限定で販売している。
これは普段ハイボールを飲まない層にも売れそうだ。

あまり期待はしてなかったが、飲んでみるととんでもなく美味い。

そもそも創業者の名前をとった竹鶴というウイスキーは
どんなウイスキーかと言うと、ニッカのピュアモルトである。

ピュアモルトとは、複数の蒸溜所でつくられたモルトウイスキーを
混ぜた(ヴァッティング)したもの。
竹鶴の場合は、北海道の余市蒸溜所と、宮城県の宮城峡蒸溜所で
つくられたウイスキーをヴァッティングしている。

竹鶴はあまり飲んだことがないが、余市は大好きだ。
余市蒸溜所に見学に行き、余市の原酒を買ったこともある。

スモーキーなスコッチウイスキーを手本につくられたこともあり、
ジャパニーズウイスキーではトップクラスのスモーキーさがたまらない。

その余市を使った、竹鶴、そして竹鶴ハイボールが美味しくないわけがない。
角ハイボールにはないスモーキーさがとても良い。
缶でここまでの味わいを出せたニッカは素晴らしい。

期間限定ではなく、ずっと販売してほしい。

ad

ad

-ウイスキー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バランタインブルー12年を初めて飲んだ

バランタインブルー12年が近所のスーパーで1,780円だったので買ってみた。 自分にとって最高のコスパを誇るウイスキーとなった。

ウイスキーの良いところを挙げてみる

ウイスキーにとてもはまっている。 なぜこんなにウイスキーが好きなのか。 ウイスキーの良いところを挙げてみる。 (随時追加予定) 糖質がほぼゼロ 蒸留酒なので糖質はほぼゼロ。 ビールや日本酒といった糖質 …

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』村上春樹

ウイスキーにはまっている。 僕の大好きなアイラ・モルトをテーマにしたこの本を知って、即購入。 もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫) posted with カエレバ 村上 春樹 新潮 …

お酒好きな人へのクリスマスプレゼント(ウイスキー編)

クリスマスプレゼントは何をあげたらいいか悩ましい。 しかし、お酒好きな人なら鉄板とも言えるものがある。 それは、ちょっとだけいいお酒。 あまりに高すぎるお酒はなかなか飲めないが、ちょっといいくらいだと …

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年を飲んだ

バランタイン ブレンデッドモルト(ピュアモルト) 12年 を お店で見かけたので買って飲んでみた。 通常のバランタイン12年とはまったく違う、個性的な味わいだった。