#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

PC

CrucialのSSDがブルースクリーンの原因だった

投稿日:

最近、ブルースクリーンが頻発していた。
いろいろ調べて試した結果、原因は Crucial m4 CT128M4SSD2 だった。

OSはWindows7Professionalで、自作PC。

以下のブルースクリーンがよく出るようになった。

KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR

内容は、KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR 。

とりあえずOS再インストールすれば直るだろう、
と楽観的に考えいた。

データはSSDではなくHDDの別ドライブに保存しているので、
データの移行などは特に無し。
必要なソフトは面倒だが再インストールする。

そして、OSの再インストール実行。
インストール直後にブルースクリーン。
この瞬間、ハードの不具合が頭をよぎり、絶望する。

SSDか、ビデオカードか、…まさか電源?

とりあえず本格的に調査。

ひとつひとつ潰していくために、
まずはSSDをあたる。

「SSD ブルースクリーン」などで検索していると、ひとつの可能性に突き当たる。

ぼくが利用している SSD は Crucial m4 CT128M4SSD2 。
発売当初はかなり高評価だった SSD である。

しかし、こいつはとんでもないバグをかかえていることがわかった。
正確にはファームウェアに問題がある。

通称「5184時間問題」。

Crusial M4 や Micron C400 SSDの各容量で使用時間が5184時間を超えると1時間ごとにSSDの応答が無くなり(SSDが突然消えてしまう)、頻繁に再起動が必要になるという重大な不具合が発生します。

【重要】Crucial m4に不具合 5184時間 問題

5184時間問題でググるとでるわでるわ。

自分のSSDのファームウェアをCrystalDiskInfoで調べると「0003」。
だいぶ昔のファームウェアで、問題があるファームウェアにばっちり該当してる。
また、使用時間も5184時間をだいぶ超過している。

time

ファームウェアのアップデートは以下のサイトがわかりやすい。
Crucial m4 SSD 最新ファームにアップデート

昔はファームウェアのアップデートはイメージを焼いたりしてたいへんだったみたいだが、
現在は Windows 上から exe を叩くだけでできる。

現時点で最新の 070H になった。

CT128M4SSD2

そしてブルースクリーンはきれいさっぱりなくなった。

OS再インストールする必要なかった…。

ad

ad

-PC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Dellから4K24インチで10万を切るUP2414Qが発売予定!

Dellから、4K(3840×2160)、23.8インチで99,980円のモデルが12/18に発売される! Dell Uシリーズ 23.8インチ 液晶ディスプレイ (4Kモニタ/3840&# …

Razer のマウスを買って感動した

ぼくは Rebuild.fm というテック系の Podcast が大好きで毎回配信されてすぐに聴いている。 Rebuild: Aftershow 142: Loud Hacking Keyboard …