#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Emacs Lubuntu

Lubuntu の Emacs で C-M-p (backward-list) が効かない問題と対策

投稿日:2014/02/17 更新日:

Emacs では、括弧閉じ”)”にカーソルがある状態で、
C-M-p を押下すると対応する括弧開き”(“に移動するという
とても便利なキーバインド(backward-list)が割り当てられている。

Lubuntu にしてから、どうもそれが効かない。
逆ができる。
つまり括弧開きにカーソルがある状態で、
C-M-n を押下すると括弧閉じに移動する。

C-c b でキーバインドを確認しても、
C-M-p にはきちんと backward-list が割り当てられている。

試しに、emacs -q で起動しても C-M-p が効かないので、
どうやら Lubuntu か Windows にキーがとられていると判断した。

Windows で常駐しているアプリをひとつずつ閉じても変化はない。
まぁ、VirtualBox にフォーカスがある状態ではキーがとられることはそうそうないだろう。

ということは、Lubuntu 上のいずれかのアプリケーションにキーが
とられていることになる。

一番あやしいのはインプットメソッドだ。

僕の場合、iBus ではなく、fcitx というインプットメソッドを入れている。

Windows でいうタスクトレイにあるキーボードのアイコンをクリックし、設定を選択。

全体の設定タブで、拡張オプションの表示にチェックを入れる。
fcitx_keybind

すると、Ctrl+Alt+P というキーバインドが
「組み込みプレエディット」に割り当てられていることがわかる。

やはり fcitx が犯人のようだ。

他にも、Ctrl+Alt が結構とられているので、
それらをすべて解除する。
何に使われているかもよくわからないので、使わないということで良いだろう。

何もキーを割り当てない場合は、
「設定したいキーの組み合わせを押してください。」
と表示されているときに Esc を押下すれば良い。

地味に悩んでいた問題だったので、解決して良かった。

ad

ad

-Emacs, Lubuntu

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Lubuntu 13.10 on VirtualBox を快適に使用するための設定

前回、Lubuntu 13.10 を VirtualBox にインストールした。 Lubuntu 13.10 を VirtualBox にインストールした 今回はその続きで、 VirtualBox に …

Emacs の ruby-mode で改行時にエラーが出る問題と対策

Emacs の ruby-mode で改行時に自動的にインデントしてくれる設定。 [cc lang=”lisp”] (define-key ruby-mode-map [ret …

Lubuntu で Win + カーソルキーでウィンドウ分割する

Lubuntu ではWindowsのように、 Win + ← などで ウィンドウを綺麗に画面サイズの半分に分割してくれることを知って感動した。 が、初期設定ではなぜか隙間がやたら空くので、ちょっと修正 …

Emacs Logo

Ubuntu の Emacs でプログラミング用フォント Ricty を使う

今までずっとVLゴシックを愛用していたけど、 このたびプログラミング用フォント Ricty に乗り換えた。 とても見やすい。

no image

apt-get install でインストールしたソフトの一覧を出力する

Ubuntu(Lubuntu) の端末で apt-get install でインストールしたソフトの 一覧を出力するコマンドはなさそうなので、Perl で書いてみた。 #!/usr/bin/perl …