#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Emacs Lubuntu

Lubuntu の Emacs で C-M-p (backward-list) が効かない問題と対策

投稿日:2014/02/17 更新日:

Emacs では、括弧閉じ”)”にカーソルがある状態で、
C-M-p を押下すると対応する括弧開き”(“に移動するという
とても便利なキーバインド(backward-list)が割り当てられている。

Lubuntu にしてから、どうもそれが効かない。
逆ができる。
つまり括弧開きにカーソルがある状態で、
C-M-n を押下すると括弧閉じに移動する。

C-c b でキーバインドを確認しても、
C-M-p にはきちんと backward-list が割り当てられている。

試しに、emacs -q で起動しても C-M-p が効かないので、
どうやら Lubuntu か Windows にキーがとられていると判断した。

Windows で常駐しているアプリをひとつずつ閉じても変化はない。
まぁ、VirtualBox にフォーカスがある状態ではキーがとられることはそうそうないだろう。

ということは、Lubuntu 上のいずれかのアプリケーションにキーが
とられていることになる。

一番あやしいのはインプットメソッドだ。

僕の場合、iBus ではなく、fcitx というインプットメソッドを入れている。

Windows でいうタスクトレイにあるキーボードのアイコンをクリックし、設定を選択。

全体の設定タブで、拡張オプションの表示にチェックを入れる。
fcitx_keybind

すると、Ctrl+Alt+P というキーバインドが
「組み込みプレエディット」に割り当てられていることがわかる。

やはり fcitx が犯人のようだ。

他にも、Ctrl+Alt が結構とられているので、
それらをすべて解除する。
何に使われているかもよくわからないので、使わないということで良いだろう。

何もキーを割り当てない場合は、
「設定したいキーの組み合わせを押してください。」
と表示されているときに Esc を押下すれば良い。

地味に悩んでいた問題だったので、解決して良かった。

ad

ad

-Emacs, Lubuntu

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Lubuntu で「貼り付けを選択」のキーバインドを設定する方法

Lubuntu で fcitx という IME を使用している。 Ubuntu 13.10 から iBus がヤバくなったというのはさんざん聞いていたので、 何の気なしに、Lubuntu 導入時に f …

Lubuntu のアプリケーション・ランチャーにコマンドを登録する

Lubuntu のアプリケーション・ランチャーはメニューにある アプリケーションしか登録できない。 メニューにあるアプリケーションの実体は以下にある。 /usr/share/applications/ …

Emacs Logo

Ubuntu で Emacs の dired の文字化け対策

Ubuntu で文字コードを全部 UTF-8 で統一しているのに、 Emacs の dired が文字化けする現象に悩まされていた。 文字コードの設定を抜粋すると、以下の設定をしていた。 ;;文字コー …

Lubuntu 13.10 を VirtualBox にインストールした

最近の Ubuntu があまりにも重すぎるので、 Ubuntu 系で軽量のディストリビューションを導入することにした。 いろいろ調べて、Lubuntu 13.10 をチョイス。 Ubuntu + LX …

Emacs Logo

Ubuntu の Emacs でプログラミング用フォント Ricty を使う

今までずっとVLゴシックを愛用していたけど、 このたびプログラミング用フォント Ricty に乗り換えた。 とても見やすい。