#CitrrasLab

シトラスラボ – プログラミング、ウイスキー、ガジェットの他、日々の生活に役立つものを紹介

Lubuntu Perl

Lubuntu で Perl 環境を整える

投稿日:2014/02/09 更新日:

Lubuntu

まず cpanm をインストール。

curl -L http://cpanmin.us | perl - App::cpanminus

.zshrcには以下の設定を書いておく。

export PERL_CPANM_OPT="--local-lib=~/perl5"
export PATH=$HOME/perl5/bin:$PATH;
export PERL5LIB=$HOME/perl5/lib/perl5:$PERL5LIB;

Twitter の bot を動かしたりしているので、
とりあえず、それ関連のモジュールを入れる。

Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1 を利用しているのだけど、
インストールは一筋縄ではいかないのでメモ。

まずはカンタンに入るやつを入れる。

cpanm YAML::Syck

次に、Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1に必要な
Crypt::SSLeay を普通にインストールしようとすると、
openssl/ssl.h がないってことで怒られる。

“warning: openssl/ssl.h: No such file or directory”というのは、opensslのライブラリが入ってないのが原因のようです。
Ubuntuではopensslのライブラリは”libssl-dev”という名前なので、apt-getで入れてあげましょう。

via: Ubuntuで”warning: openssl/ssl.h: No such file or directory” – DQNEO起業日記

opensslのライブラリをaptでインストールしておく。

sudo apt-get install libssl-dev

それでも普通にインストールすると怒られるので、
–force をつけてインストール。

cpanm --force Crypt::SSLeay

必要なモジュールが揃ったので
Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1をインストール。

cpanm Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1 Net::OAuth

インストールする順番が重要。

以上。

ad

ad

-Lubuntu, Perl

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Perl でホームディレクトリ以下すべてのシンボリックリンクを出力する

ふと、シンボリックリンクがどのくらいあるのか知りたくなったので。 #!/usr/bin/perl use strict; use warnings; use File::Find; find(\&am …

Lubuntu でスクリーンショットを撮る

Lubuntu は PrintScreen キーで自動的にホームディレクトリに スクリーンショットを保存する。 …というのをよく見かけるが、VirtualBox 環境ではどうもうまくいかない。 仕方な …

Emacs Logo

Emacs on Lubuntu から WordPress に投稿する

Emacs で WordPress に投稿したかったので weblogger.el を導入した。 以下のコマンドでインストール。 M-x package-install [ENTER] weblogg …

モダンな Perl の書き方を知る上で参考になるサイト

Perl が登場したのは1987年。 現在も使われている言語としては歴史がある部類であろう。 ちなみに Perl とよく比較される Python は1990年、Ruby は1995年である。 約27年 …

Lubuntu のアプリケーション・ランチャーにコマンドを登録する

Lubuntu のアプリケーション・ランチャーはメニューにある アプリケーションしか登録できない。 メニューにあるアプリケーションの実体は以下にある。 /usr/share/applications/ …

#CitrrasLab は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。