SONYのRX100M3を買った

公開日: : デジカメ

RX100M3のレビューを書こうと思ったけど、この機種にした経緯だけでだいぶ長くなってしまったので、レビューはまた今度書く。

ぼくはRICOHのGR Digital IVをかれこれ5年ほど愛用しており、そろそろ買い替えたいなーと思っていた。

GRシリーズを使っている人は思い入れが強く、ハイエンドコンデジならGRシリーズしか興味ない!という人が多いと思う。

ぼくも例外ではなかった。

GRシリーズは2015年に発売されたGR IIが最新となっていて、2年ごとに最新シリーズが出ているので今年発売されるであろうGR IIIを待つことにしていた。

が、先日RICOHがカメラ事業を縮小するという報道が出た。(後に否定されたが)

リコー、カメラ事業は「PENTAXやGRなどに集中」「THETAも拡大」 「撤退検討」報道にコメント – ITmedia NEWS

まぁこれが直接のきっかけというわけではないが、GR一本というのも考え直してみようかなぁ、と思い始めた。

そこで、今まで目を向けていなかった、他社のハイエンドコンデジを調べ始めた。

GR IIはコンデジながらAPS-Cという、ミラーレスで主流となっている大型のセンサーを搭載している。

そのため、最初、APS-C以外のコンデジには興味がなかった。

だが、APS-C搭載コンデジは基本的に高い。

FUJIFILM X70 とか。

そこで、1型センサーまで対象を広げて、前々から気になっていた、SONYのRX100シリーズも調べてみた。

これがすごかった。とにかくありったけの機能を詰め込みつつ、オートで高画質に撮れる万能カメラだった。

GR Digital IVは1/1.7型センサーだけど、RX100は1型センサーを搭載しているので、APS-Cでなくとも今よりは画質が向上するだろうと思った。

また、個人的に良かったのが液晶が180度回転して自撮りができることだ。

自分だけ自撮りをすることはないが、旅行等ではよく友人らと自撮りをすることがある。

その際にスマホで撮るのは嫌で、必ずGR Digital IVを自撮り棒につけて撮っていたのだが、これが難しい。

液晶を見ながら撮れるなんて夢のようだった。

また、動画性能が抜群で、手ブレ補正もなかなからしい。

RX100シリーズを買うことに決まった。

が、ここからも悩ましい。

RX100シリーズは最新機種が出ても過去の機種を並行して発売する稀なシリーズである。

なんとRX100からRX100M5まで、5機種が現行機種なのである。

普通だったら迷わず最新機種を買うが、RX100M5は10万超え!である。

これはさすがに即決とはいかない。

自撮り対応等、諸々の理由からRX100M3~RX100M5のいずれかを買うことにした。

RX100M4, RX100M5は基本的にオートフォーカスと4K対応など動画性能が向上している。

特に、SONYミラーレスと同等のオートフォーカス性能を積んだRX100M5は魅力的である。

だが、M3とはなんと40Kほどの価格差がある。

しかし…M3は2014年発売で、M5は2016年発売なので、デジカメで3年前の機種を買うのはなかなか抵抗がある。

しかししかし、どうしても価格差以上の性能差があるとは思えなかった。

これがM5はAPS-Cを積んでます、とかだと迷う余地はなかったのだが…。

といった経緯で、RX100M3を買った。

ad

関連記事

記事はありませんでした

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
iOS11にしたらBluetoothイヤホンの最大音量が小さくなった件とその対応

iPhone7 Plusを、今日から配信されたiOS11にさっそくアッ

Bose QuietControl 30 がすばらしすぎる

Bose のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietCont

no image
mineoからLINEモバイルにMNPした話 その2

前回の続き。 mineoからLINEモバイルにMNPした話 その

mineoからLINEモバイルにMNPした話 その1

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ

no image
SONYのRX100M3を買った

RX100M3のレビューを書こうと思ったけど、この機種にした経緯だけで

→もっと見る

PAGE TOP ↑