カフェイン抜き生活と、カフェインレスコーヒー

公開日: : カフェインレス

ぼくはコーヒーが大好きで、よく飲んでいた。

しかし、2016年末に、たまたまphaさんの以下の記事を読んだ。

カフェイン難民の昼と夜<移動時間が好きだ>pha – 幻冬舎plus

phaさんもコーヒーやチョコレートが好きだったが、
一切カフェインを摂ることを止めたことで、とても調子が良くなったそうだ。

ぼくは夜起きたり、早く起きすぎてしまうという睡眠に関する
ちょっとした悩みがあった。

そこで、カフェイン抜きに興味が出てきたので、その日からカフェインを摂ることを止めた。
カフェインを抜くと、しばらくは離脱症状と言って、頭痛や眠気がすごいらしい。

以下、カフェイン抜き直後の様子。

1日目
9時間ほど寝て快眠度100パーセント!!
(Sleep Cycleというアプリで毎日計測しているが、まず出ないスコア)
だがこの日は一日中眠い。昼過ぎには頭が痛くなった。昼寝を二回した。
夜は飲み会だったが、頭が痛くて辛かった。

2日目
起きたら頭痛は無かった。だが完全な状態ではない気がする。
夕方から頭痛が。しかし前日ほどではない。

3日目
早め目覚めた。起きたら頭痛はなし。
朝ごはん食べた後、眠気がきたので寝る。
午後からは頭痛と眠気。

4日目
昼過ぎから頭痛。痛みの質がちょっと変わったような。
後頭部あたりがジンジンする。横になるときも向きによっては痛い。
出かけた後、帰って昼寝した。
夜も出かけたが、昼寝をしたおかげで平気だった。

5日目
起きたら頭痛はない。
朝ごはん食べて1時間ほど仮眠。
昼過ぎから若干の頭痛と眠気。遅めの昼ごはんを食べたあとまた昼寝。その後は頭痛と眠気なし。
20時ごろはかなり頭がすっきりした状態。夜に覚醒するようになっているような。

6日目
目覚ましがなる前に起床。眠気はそんなにない。頭はすっきりしているような気はする。
そろそろ完全に離脱症状はなくなっているか。

…といった具合で、結構離脱症状は辛かった。
頭痛がきたら昼寝できたので、年末年始の長期休暇中で良かった。

カフェイン抜きで、そこまで絶好調になった、とかいうわけではないが、
夜の寝付きはよくなったかな。

そして、2017年に入って一切コーヒーを飲んでなかったが、
ふとカフェインレスコーヒーを飲んでみようと思った。

カフェインレスコーヒーは普通のコーヒー豆からカフェインだけを除去したものだ。
ただし、完全にカフェインを除去できているわけではなく、通常は90数%程度カット。

Amazonで、以下のカフェインレスコーヒーが人気だったので買ってみた。

これはカフェイン除去率99.7%。

飲んでみたが、普通のインスタントコーヒーと変わらない!
これはすごい。
何も言われずに出されたらまずわからないだろう。

ただし、あくまでもインスタントコーヒーとしての美味しさなので、
ドリップなどにはかなわない。

今度はドリップのカフェインレスコーヒーも試してみたい。
一般的にドリップは、インスタントに比べてカフェイン除去率が下がるようだけど。
例えば、以下の商品は97%。

まぁ、あまりカフェインを摂らないことに神経質になると生活しづらいので、
この程度のカフェインは許容しようかと思ってる。

ad

関連記事

記事はありませんでした

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

no image
mineoからLINEモバイルにMNPした話 その2

前回の続き。 mineoからLINEモバイルにMNPした話 その

no image
mineoからLINEモバイルにMNPした話 その1

長くなりそうなので分割して書く。今回はなぜmineoからLIN

no image
SONYのRX100M3を買った

RX100M3のレビューを書こうと思ったけど、この機種にした経緯だけで

no image
タスクトレイの言語切り替えをキーボードショートカットでやる方法

ぼくは Windows10 を英語で使っているが、当然日本語を入力した

no image
MPC-BEで動画を再生しているとChromeでYouTube等が再生できない問題 その3

MPC-BEで動画を再生しているとChromeでYouTube等が再生

→もっと見る

PAGE TOP ↑